世界的に見れば成長産業の漁業。その波に乗って経済的に成功を収めた国の代表格がノルウェーだ。日本の回転寿司でおなじみになったサーモンだけでなく、サバなども世界各国に売りさばく漁業大国になった。成功の裏には、魚の付加価値を最大限に高めようとする国家レベルの方針があった。その秘密を現地で取材した。
機械化が進むノルウェーの多くの漁船には、機器のメンテナンスを担当するエンジニアが乗船している。(写真:Johan Wildhagen)

 「ルールを作って皆で守る。そして生まれた利益はきちんと平等に分配する。答えはとてもシンプルだ。しかし実に難しい。我々も苦労の連続だった」

 8月上旬。ノルウェー西部の漁業都市・ベルゲンに拠点を構える同国最大の漁業販売組合「Norges Sildesalgslag」を訪ねた。組合の実質トップを務めるクヌート・トルグネス氏に成功する漁業の秘訣について聞くと、上のような答えが返ってきた。

大学出身のエンジニアが漁師志望

 ノルウェーは2017年の水産輸出額が1000億クローネ(約1兆4000億円)前後と、10年前の約3倍まで拡大する見込み。最新テクノロジーを駆使するサーモン養殖に並び、漁業の急成長を支えているのが、サバやタラなどの漁獲だ。

 Norges Sildesalgslagはサバやアジなどを漁獲する遠洋漁業者をとりまとめており、組合員の平均年収は50万~60万クローネ(約690万~830万円)と日本の漁師の約3倍。驚くべきことに、船内にはフィットネスジムやミニシアター、システムキッチンに小さなパーティールームなどを備え、まるでクルーズ船のような豪華設備となっている。

トレーニングジムやミニシアターなど船員向けレジャー施設が船内に完備されている。(写真:Norges Sildesalgsla提供)

 船には最新のクレーン機器などが搭載され、船員による肉体作業は少ない。「力持ちよりも、機械を管理する大学出身のエンジニアの割合が多くなっている」(クヌート氏)という。

 さらに「漁師はみな金持ちになってしまった。新規参入の希望者は格段に増えた。国が漁業ライセンスを厳しく制限しているから、なかなか受け入れることは難しいので困っている」とクヌート氏は続ける。人手不足に苦しむ日本から見たら、実に嬉しい悩みにも聞こえる。

漁業販売組合Norges Sildesalgslaのクヌート氏。漁獲管理に必要なのは、情報の透明性だと訴える

 しかし、なぜノルウェー漁業は上手くいったのか。冒頭の「ルールを守る」という言葉がカギとなっている。