たった1つのアプリに世界中が狂喜乱舞している。スマートフォン(スマホ)向けゲームアプリの「ポケモンGO」だ。これを「たかがゲーム」と侮ってはいけない。かつて、これほどまでに短期間、かつ広範囲に普及したサービスはない。そして、これほど「人を移動させた」サービスも。ポケモンGOが生んだ新たなうねりは今後、多くの企業や組織のマーケティングのあり方を変えるだろう。

 日経ビジネス8月22日号特集「世界を変えるポケモンGO これから起こる革新の本質」では、人々を一気に外へと連れ出した威力に着目し、ビジネスや地方創生に生かそうとする動きを中心に追った。特集連動のウェブ連載初回は、前代未聞の爆発力を生んだ日米協業の知られざる舞台裏に迫る。

 ポケモンGOを開発・配信するのは、米グーグルから昨年10月に独立したベンチャーのナイアンティック。位置情報を活用したスマホ向けゲームアプリ「Ingress(イングレス)」を手がけ、世界200カ国以上で累計1400万以上のダウンロード数がある。

 ポケモンGOは、このイングレスをベースに開発された。任天堂が議決権の32%を出資するポケモン(東京都港区)が、ナイアンティックに対しライセンス供与や開発支援をすることで実現。ナイアンティックの技術力やアイデアに、任天堂とポケモンが20年かけて育んできたノウハウと知的財産の価値が掛け合わさり、爆発力を生んだ。

 この日米協業の要となったのが、ポケモンの宇都宮崇人専務執行役員。ゲームソフト「ポケットモンスター(ポケモン)」シリーズの開発を統括するポケモン開発本部長で、ポケモンGOの開発も当初から日本側の窓口として活躍したキーパーソンの1人でもある。

 宇都宮専務はリリース直前、「自信がなくて、へこんでいた」という意外なエピソードから披瀝してくれた。

(聞き手は井上 理)

ポケモンの宇都宮崇人専務執行役員。ゲームソフト「ポケットモンスター(ポケモン)」シリーズの開発を統括する開発本部長を兼ね、ポケモンGOでも最初から日本側の窓口として活躍した(撮影:陶山勉、以下同)

「僕は暗闇の中にいる」

世界中でポケモンGO旋風が吹き荒れています。まずは、率直な感想を聞かせてください。

宇都宮専務:正直、びっくりしています。課金収益はあまり目標にしていませんでしたが、ダウンロード数は高い数字を目指したいと思っていました。けれども、ここまでのスピードで、ここまで広がるというのは、もうまったくの想定外です。

 正直に言うと、自分たちが出そうとしているものが本当に支持されるのかどうか、米国で配信が始まる前日まで不安でいっぱいでした。「僕は暗闇の中にいる」と周囲に言っていたくらいです(笑)。