マッカーサーと幣原の議論の中身は闇の中

起草者の代表であるマッカーサーが、起草チームに宛てた指示「マッカーサーノート」には、自衛権の行使すら認めない主旨の文言があります。

II

War as a sovereign right of the nation is abolished. Japan renounces it as an instrumentality for settling its disputes and even for preserving its own security. It relies upon the higher ideals which are now stirring the world for its defense and its protection.

篠田:どの時点における誰の意図を起草者の意図とするか、という問題です。確かにマッカーサーはご指摘のメモを残しています。しかし、その後、GHQ内で議論され、GHQによる憲法草案には載っていません。それは削除すべき文言だったので、削除されました。成立した憲法典に記されている目的にしたがって、経緯を整理すべきです。

当時の幣原喜重郎首相が9条の原案になるものをマッカーサー氏に提案したとされています(1ページ冒頭の写真を参照)。幣原は不戦条約が定める戦争の放棄を提案したのか。それとも、陸海空軍その他の戦力を放棄すると提案したのか。

篠田:確かに両氏は日本の安全保障について話し合いました。しかし、幣原が何を提案し、どういう結論が出たのかは、もはや確認することができませんね。

9条でした宣言は既に実現した

先ほど言及していただいたように、日本は既に70年にわたって平和国家の道を歩んできています。今から侵略国になることはない。国連にも加盟しました。9条でうたった宣言は実現しました。したがって、9条は既に不要になったということですね。

篠田:そうなのです。9条を全面削除しても何の支障もありません。特に、自衛隊は違憲か合憲かという神学論争の源となってきた2項はなくてよい。1項も日本国憲法前文と重複するので必要ありません。自衛権は、国際法と国連憲章に沿って運用すればよい。

 ただ、我々は70年も9条の下で暮らしてきました。今、削除すると「何か下心があるのではないか」といらぬ警戒感を高めてしまいます。なので、現行のまま維持しても構わないと考えています。

 米国法では、ある条項を修正した場合、元の条文も残す習慣があります。例えば悪名高い禁酒法。米国憲法にはこの条項も、禁酒法を廃止する条項もあります。こうしておけば、その国が過去にどのような道を歩んできたのか勉強できる。憲法史を学ぶ重要な材料となります。これと同様の位置づけで残しておくのもありだと考えます。