中学生が読むと自衛隊は違憲に

 弊害もあります。中学生が9条を読むと、自衛隊は違憲にも読めるでしょう。私は、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」の部分は明らかに削る必要があると考えます。

自衛隊が保有する装備は、外国の軍隊と遜色ないといわれます。歴史的な経緯をふまえずに見れば「戦力」に見えます。

三浦:「国の交戦権は、これを認めない」の部分も同様です。これまでの歴史的な積み上げを踏まえると、憲法を拡大解釈して「自衛」を名目にした侵略戦争を行ってはならないとの戒めであると考えられます。しかし、この積み上げがない中学生が読むと、日本は交戦権を持たない、一人前ではない国家になってしまう。

 また私のように戦争を研究している者が読むと、2項は先の戦争で敗戦した歴史の残滓でしかない。先の大戦で侵略国となった日本は、戦後処理において、主権の一部である軍備と交戦権をいったん奪われました。この主権を奪った敗戦国規定をいまだに引きずっているわけです。

9条は、中学生でなくてもさまざまに読めてしまう。9条の文言は規範力が弱く、さまざまな解釈が乱立しています。現行憲法の草案を国会が審議していた1946年当時、共産党は、9条を「自衛権を放棄して、民族の独立を危うくする」ものと解釈して批判しました。その一方で、安倍政権は集団的自衛権の限定行使まで可能としている。こうした状況を改め、誰が読んでも同じ理解になる条文にするだけでも価値があると思います。

三浦:そうですね。9条で大事なのは1項です。これが示す平和主義は日本国民のほぼすべてが同意するでしょう。これを守り、実現するため何をするべきかに議論を収斂させる必要があると思います。

 憲法解釈をめぐる神学論争はそろそろやめにするべきです。中学生が陥りそうな誤解は取り除く。自衛隊の存在を正しく位置づける。自衛隊を保持している現状を支持しない人は、共産党を含めてほぼいないでしょう。そして9条1項が唱える理想を実現するための、民主主義に基づく安全保障の仕組みを考えるべきと思います。

戦争には国会の承認を義務づける

これまでご説明いただいたお考えを9条に反映させるとどのような内容になるでしょう。

三浦:まず9条1項は現状のまま。9条2項は削除しましょう。その後に、1)内閣総理大臣を最高指揮官とする自衛隊を置く、2)開戦には国会の承認を要する(開戦権限)、3)国会に調査委員会を設置し自衛隊の行動をチェックする(調査委の設置)、4)軍事法廷を設置する(ただし結審は現行の最高裁判所)といった内容の条項を設けるべきだと考えます。

1)は、自衛隊が適法であることを定める規定。自衛隊は違憲であるという解釈が入り込む余地をなくすわけですね。2)~3)はシビリアンコントロールを強化する規定に聞こえます。

三浦:おっしゃるとおりです。現行の憲法は、シビリアンコントロールの理念について明記していないし、そのための三権の関り方も書かれていません。なので、内閣総理大臣が最高司令官であることを憲法事項として明記します(編集注:内閣総理大臣が最高司令官であることは、現在は自衛隊法7条に定められている)。自衛隊が政府内政府のような存在になってしまっては困りますから。