全3808文字

年間200人以上の経営者に人材戦略などをコンサルティングしているプロノバの岡島悦子社長。経営者と二人三脚で経営人材を育成してきた経験から、今後ますますゼロから事業を創造する「ゼロイチ人材」が不可欠になるという。その理由とゼロイチ人材の育成法について聞いた。

■お知らせ■

塩野義製薬・手代木功社長を招いた読者との対話会「日経ビジネスRaise Live」を開催します。参加ご希望の方は、募集要項をご覧ください。

■開催概要
日経ビジネスRaise Live
~塩野義製薬・手代木功社長「理と情の先読み経営」~

関連記事はこちら
■開催日時 2019年1月21日(月) 18:30~
■参加者募集要項 こちら
岡島悦子(おかじま・えつこ)氏
経営チーム開発コンサルタント、経営人材の目利き、リーダー育成のプロ。
三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー、グロービス経営陣を経て、2007年プロノバ設立。丸井グループ、セプテーニ・ホールディングス、リンクアンドモチベーション、ランサーズ、ヤプリ、FiNC Technologies他の社外取締役。経営共創基盤やグロービス・キャピタル・パートナーズ等、多数企業の顧問・アドバイザー、政府委員会メンバー、NPO理事等を歴任。ダボス会議運営の世界経済フォーラムから「Young Global Leaders 2007」に選出される。 主な著書に『40歳が社長になる日』(幻冬舎)等がある。年間200人の経営トップに対し、経営課題と事業ステージに合致した「最適な経営チーム」を特定し、後継者登用・外部招聘・経営者コーチング・経営者合宿等支援サービスをハンズオンで提供。「日本に"経営のプロ"を増やす」ことをミッションに、経営のプロが育つ機会(場)を創出し続けている。(写真:小野さやか、以下同)

多くの企業で人材育成に携わってこられました。今後、大企業にとってもゼロイチ人材がますます必要になると実感されているそうですね。

岡島悦子氏:今、経営の手法が大きく変化しています。これまで企業は既存の事業を延長していけば成長できた。しかし、今は違う世界観になっていて、「非連続の成長」が求められています。技術革新などによって、ある日突然、主要事業の成長が止まることもある。例えば富士フイルムは、売り上げの大半を占めていた写真フィルムの需要が激減し、今や化粧品や医薬品事業へと舵を切っています。

 事業構造が大きく変わるという時に、これまでの成功モデルが当たり前になってしまっている経営者たちだけでは、なかなか対応しきれない。そんな時にゼロからイチを生み出せる人材が必要になります。今までの成功モデルからくる無意識のバイアスを超えられる。そんな人が会社を新たな成長に導いてくれます。

ゼロイチ人材がリーダーとなった時は、これまでのリーダーとは異なるタイプになるのでしょうか。

岡島氏:昭和モデルの経営のやり方は、カリスマ的なトップがビジョンを定め、それに部下が従っていくという上意下達式でした。しかし、これからの時代はトップが独断で物事を決めるのではなく、自社が提供する新しい価値を顧客と対峙しながら共創し、ブラッシュアップしていくことが求められています。スマートフォンやインスタグラムのようなアプリにしても、最初に登場した時はこんな使われ方をされるなんて誰も想像できていなかったと思います。いわば、顧客が自分たちで新しい使い方、新しい価値を編み出していった。

 だからこそ、顧客の声に耳を傾けて、それをもとに行くべき方向を決定する。そんな力が求められています。

 カリスマ型がピラミットタイプの組織だとしたら、その反対とイメージすればわかりやすいでしょうか。これからの時代のリーダーは、先頭に立って集団をリードするのではなく、羊飼いのように後ろから集団を巻き込み、支援し、ある方向へと追い込んでいく。いわゆる「羊飼い型のリーダーシップ」と呼ばれるタイプのリーダーシップを発揮することになるはずです。