水庫 郁実氏(日経ビジネス編集部インターン、早稲田大学学生):そもそもの話になりますが、なぜメルカリを選んだのでしょうか。

小泉氏:僕自身、学生時代からインターネットが好きでした。なぜかというと個人がエンパワメントされる(力をつけられるようになる)世界だからです。ミクシィは情報発信、メルカリは売買を変えました。僕はこの軸で選んでいますね。

三輪氏:学生時代から起業を見据えて社会人になる人は少ない気がします。小泉さんはどうでしたか。

小泉氏:僕自身は起業よりも事業がしたかったですね。ゼロからの起業じゃなくても良かった。学生時代に数百人規模のサークルの代表を務めていて、大きな組織を回す楽しさを知りました。人を動かし、モノを動かすのが楽しくてそういうのをやりたいなと。

 インターネットも好きでしたので、当時は「裏原」系のファッションを地方の人に転売するようなことも手掛けていました。この2つの経験が大きいですね。

臆病だからこそちゃんとやる

植竹 理江氏(オープン編集会議メンバー、フリーランス):お話を聞いていると1ミリも隙がない印象を受けます。弱みはありますか。

小泉氏:僕自身、自分に自信がないですよ。超臆病です。怖いからこそ仕事をちゃんとしようという考えるタイプです。中高一貫の進学校に入ったのですが、とてつもなく優秀な人がいることを知りました。それで自分の能力に気付きましたね。

 成功している人の多くは、臆病だし慎重だと思います。考え抜いてからリスクを取ります。無鉄砲にリスクを取るのは失敗の元です。臆病だからこそ目標を高いところにおいて悩みながら進むのが僕のスタイルです。

佐伯:創業者の山田さんと、小泉さんは、性格的な面も含めて補完関係があるような印象を受けます。

小泉氏:全く正反対ですね。だからうまくいくのでしょう。ミクシィ創業者の笠原さん(笠原健治氏、現ミクシィ会長)もそうでしたが、僕は真逆な人間と組んでいます。山田は本質を追求するタイプで、プロダクト開発が得意。交渉やマネジメントは僕の方が向いています。苦手なことを頑張っても限界があります。得意なことを磨いて、苦手な部分はパートナーと役割分担すべきです。

日経ビジネスRaiseのオープン編集会議では「起業のリアル」をテーマにした企画を実施しています。メルカリ社長兼COO・小泉 文明氏のインタビューを読んで、どんな点に興味を持ちましたか。Raiseでは皆さんのご意見をお待ちしております。

↓ ご意見の投稿はこちら ↓

起業って怖くないですか?