佐伯:では、ミクシィに入って良かった点は何ですか。

小泉氏:やはり「自分が最後の砦」という感じでしょうか。自分が働くだけ会社は前に進みます。楽しさでもあり、辛さでもありますけどね。

佐伯:ミクシィ退社後はスタートアップ支援を経て創業間もないメルカリに入られましたね。

小泉氏:メルカリはミクシィに比べて何もない状態で入りました。ミクシィの時にこうすれば良かったという経験から逆算して社内制度などを導入していきました。通常、スタートアップはある程度大きくなってからIPOに向けた(社内制度などの)準備をします。その弊害もあるので、メルカリでは初期段階からIPOを見据えて社内体制を構築しました。

14.5億円の調達はしびれた

佐伯:メルカリに入って最もしびれた局面は何ですか。

小泉氏:やはり資金調達ですね。事業はよくクルマに例えられます。プロダクトとマーケティングが両輪で、ハンドル持ってるのが人、マネジメントチームです。そしてファイナンスはガソリン。ないとクルマが走らないようにファイナンスはとても大事です。

 創業時は夢があり、賛同するメンバーが集まります。とはいえ、ビジネスなのでお金がないと給料を支払えなければマーケティングもできない。投資家に対して自分たちのビジネスを伝えて資金を得る必要がある。当時、メルカリは手数料を取っておらず売り上げはゼロ。アプリのダウンロード数も100万に満たない状態で投資家を回って14億5000万円を集めました。これは本当にしびれましたね。

 もちろん、集めた資金を使っていくのも、しびれます。1億円使って売り上げが2倍になるか10倍になるか20倍になるか。これは経営の腕の見せどころですね。

佐伯:メルカリは創業者の山田進太郎さん(現会長兼CEO=最高経営責任者)や小泉さんを含め、起業やスタートアップの経営経験が豊富なメンバーがそろっていました。資金調達は苦労されなかったのでは。

小泉氏:めちゃめちゃ苦労しましたよ。最後は山田なり僕なりの経験を信じてくれたと思います。ただ当時、10億円を超える資金調達は創業1年の会社には難しかった。何十社と回りましたが、その多くに断られました。

佐伯:過去の成功体験だけでは大型の資金調達はできないと。

小泉氏:そう。経営チームは一つのファクターにすぎません。売り上げゼロの会社なら、バリュエーションが取れないのは正しい判断かもしれませんね。

次ページ 松竹梅のプランを作る