大塚食品は2013年に「ボンカレー」のテレビCMから撤退した。しかし、代わって取り組んだ長尺の動画広告が、ターゲットに据えたワーキングマザーに訴求し、売上増につながっている。