ただしどの部屋にも、いわゆる家電製品が床やテーブルには置いていない。代わりにあるのが、壁に整然と取り付けられた厚さ4センチ、縦横が34センチの無数のパネルだ。アルミの押し出し成型の薄いフレームで四面が囲まれたこのパネルは、1枚ごとに異なる家電の機能を埋め込んでモジュール化したもの。パネル化された家電を壁に取り付ける機構も独自で考案し、あらゆる機能を壁1面に集約させるという提案で、ライバルひしめく家電市場に切り込んでいくという。

台湾・鴻海精密工業が立ち上げたIOT家電メーカー「富奇想 SquareX」が2017年から販売する壁掛け型情報端末。縦横34センチ、厚さ4センチの正方形型で、同サイズの家電との連携や、端末を利用した生活密着型の独自サービスを展開。端末のインターフェースは現在未公開
台湾・鴻海精密工業が立ち上げたIOT家電メーカー「富奇想 SquareX」が2017年から販売する壁掛け型情報端末。縦横34センチ、厚さ4センチの正方形型で、同サイズの家電との連携や、端末を利用した生活密着型の独自サービスを展開。端末のインターフェースは現在未公開

 その中心となるのが、OSまで独自で開発した壁掛け型の情報端末だ。普段は時計や天気予報などの情報を流す窓として機能し、スピーカーのパネルと連携させればオーディオ機器となる。iPadと同じような情報検索やコミュニケーションのツールだが、さまざまな企業と連携して、各家庭のコンシェルジュとなるようなサービスをこの端末を使って多数展開していくことを目指している。

壁面ライトなどの製品もある。奥に並ぶのは吸音板。家電以外のラインナップも取り揃える。そのほかの写真もあわせ、詳細を日経デザイン7月号で解説している
壁面ライトなどの製品もある。奥に並ぶのは吸音板。家電以外のラインナップも取り揃える。そのほかの写真もあわせ、詳細を日経デザイン7月号で解説している
[画像のクリックで拡大表示]

 例えばタクシーの配車サービス。呼んだタクシーが今どこを走っていて、あと何分で到着するのかが端末を通じて分かる。地域のスーパーやコンビニと連携し、即日配達の買い物ができるなどのサービスを独自の直感的なインターフェースで実現することで、一般的なネット通販サイトをしのぐ、きめ細やかな使い勝手の良さを実現する。

 端末以外にも多様な種類の家電開発も進めている。サーキュレーターや空気清浄機、照明、ヘアドライヤー、アロマディフューザー…。家電以外にも、電動アシスト自転車や壁面緑化用の植物、収納、装飾用パネルなど「鴻海のみならず多くの企業と連携をしながら製品や機能の充実を急ぐ」(謝董事長)。前述の情報端末は各製品パネルをコントロールする役目も果たし、各機器のメンテナンスや操作をここから行えるほか「家族の生活パターンを覚えて、それに合わせて製品のオン・オフを自動で行う」「季節や時間帯を考えながら、利用者の好みに応じたアロマを自動で調合する」といったことも可能にする。

世界的な住宅の狭小化を見据える

 こうしたさまざま機能を持つパネルを、消費者は自由に組み合わせて使う。狙うのは、家電量販店を通じた小売りではなく、デベロッパーや住宅メーカー、建築家や工務店ルートでの販売だ。まず当面のターゲットは、新築やリフォーム需要。その時に提案がしやすいよう「キッチンやリビング、寝室などに最適化された家電パネルのセットを用意し、サービスも含めて提案する」(謝董事長)考えだ。

次ページ 家電への新しいアプローチ