会議に呼びたくない「一応君」にどう対処するのか

15秒の手間で、不適切人員にどいてもらう。

 SMAPの場合、キムタクをあえて呼ばなかったのであれば、強い「仲間はずれ」のメッセージになると述べた。2度と結成されることのないほど、亀裂が入ってしまったグループであればそれでいいだろう。

 しかし、会社の「一応君」にはそんな態度は取れない。同じ職場で顔を合わせ、一緒に仕事をしていかなければならない。そのための最善の対策が、「事前・事後の共有」だ。

 対人関係で軋轢を生む大きな要因が、「共有」の欠落だ。「それ、聞いてないよ」という状況がもっともマズい。

 極めてカンタンなことだが、「一応君」を呼ばない場合、「事前・事後の共有」をしておくことが大事である。それさえ行っておけば、「仲間はずれ」された感は見事に消失できる。

 では、具体的にどうやって「事前・事後の共有」を行うのか。以下がその対策だ。

■一応君への「事前・事後の共有」

 会議前のメール共有はいただけない。ニュアンスが伝わりにくく、「仲間はずれ」感が助長されてしまう。すれ違いの立ち話でもいいので、「あ、あの件ですけど、関係当事者だけで打ち合せしておきますので結果共有だけさせていただきますね」で済む。

 試しにこのセリフを声に出して読んでみてほしい。言い終えるのに10秒とかからないだろう。

 しかし、この“10秒”があるのとないのでは、大きな差が生まれる。必ず、口頭共有を心がけたい。

 次に会議後。これは口頭ではなく、議事録をメールなどで配布すれば良い。口頭だと逆に伝え漏れがあるし、議事録配布だと、「仲間からはずれてない」感が当人に生まれてもくる。

 議事録配布するメーリングリストに名前を入れるだけなので、5秒とかからない。事前共有で「10秒」、事後共有で「5秒」。これら合わせて15秒の手間だけで、会議に呼びたくはない「一応君」を除外できる。もちろん、しこりを残さずに、だ。

 会議は時間が限られている。必要な人材だけを集め、必要な議論を展開することを最優先させよう。そのことで、ああだこうだ言う人は、丁寧に「15秒ケア」だけしてあげれば、まったく問題はない。

会議でどう発言し、どのようにうまく回せばいいのか。ムダゼロ会議を実現するための「ダメ会議撲滅マニュアル」は、「ムダゼロ会議術公式サイト」から無料でダウンロードできます。