なぜ「袋とじ」ではなく、タダで「全公開」するのか

 雑誌がタブレットで読まれていく中、紙雑誌での最大の楽しみがなくなりつつある。「袋とじ」企画だ。中年男性なら覚えがあるだろう。

 その中身は、あたかもカーテンの向こうで待機している禁断の果実。袋とじを破く者だけが、その果実を手に入れられる、そんなワクワク感があったものだ。

 拙著『ムダゼロ会議術』は、約270ページにわたって会議術を紹介しているが、本書を1ページに凝縮したエッセンスを書籍前半に紹介している。

 その「1枚ノウハウ」こそが、書籍一番の果実と言ってもいい。

書籍『ムダゼロ会議術』では会議のノウハウを「紙1枚」にまとめた。公式サイトからも無料でダウンロードできる

 この「紙1枚」ノウハウは、1枚にまとまっているからこそ、頭に入りやすく行動に移しやすい。「紙1枚」に記した合計7つの対策は、実行すれば劇的に会議を変えることを約束したい。

 そこまで、大事にしているノウハウだが、一部の人だけが手にする「袋とじ」ではなく、誰でも見られるよう「ムダゼロ会議術公式サイト」では「全公開」している。

 それは、現場で使いこなし、実行者によってダメダメ会議を撲滅してほしいからだ。

 では次のページでは早速、会議の1枚ノウハウを紹介しよう。