何よりもチャレンジ

高原:僕たちは今、サッカー以外に農業にも力を入れていて、地元の方や産地の物を生産し地域と密接になれればいいなと考えています。と同時に、選手のセカンドキャリアの構築にも活かしていきたいですね。チームとしてサッカー以外でも生活できるという道を作ってあげることも必要だと思います。クラブにはジュニアユースのチームもありますが、彼らにもサッカーだけをやらせるのではなく、いろんな経験をさせてあげたいんですね。それが使命だと思っています。

 また、プレーの面でも出来るだけいろんな経験をさせたいと考えていて、静岡に連れて行って自分たちより上手い選手を目の当たりにさせたいんです。自分もそうでしたけど、子供たちもきっと負けたくないという気持ちになるでしょう。そこで火がついてさらに頑張る姿を見せてくれるんじゃないかなと思います。いろんな方法で刺激を与えていきたいですね。

平川:私たちはより多くの人にチャレンジしていただける場を作っていきたいと考えています。沖縄の方たちは人の上に立ってリードしていくということが得意でないところがあるんですが、うちの会社は率先して行うよう推奨しているので、売り上げというよりもリーダーとして活躍する人を輩出し、IT産業にチャレンジしてもらう形を作ってほしいと思っています。コミュニケーションを円滑にすることで様々な経験やチャレンジができると思うんです。そういったところで社員の心に火をつけさせたいですね。

 今年度から沖縄SVをサポートする側として会社としてもチャレンジの年だと思っています。我々だけではなくさらに3~4社集まってコラボが出来れば面白いんじゃないかなとも考えていますので、何かにつなげていければいいですね。チームも近々大事な試合が控えているとのことですので、楽しみにしています。

高原:10月21日から愛媛県で全国社会人サッカー選手権大会が始まります。この大会を勝ち抜き、全国地域サッカーチャンピオンズリーグの出場権が得られれば一気にJFLへの道が開かれるので、可能性があればチャレンジするのは当然だと思いますし結果を残したいですね。勝ち上がれば毎日連戦となる厳しい大会でもあり、決勝まで行けば5連戦を強いられる日程となっています。これは自分でも高校以来経験したことのない領域なので、体のケアをしっかりして臨みたいと思います。

 平川社長、本日は貴重なお時間を頂きましてありがとうございました!


 対談にも出てきた愛媛県で開催される全国社会人サッカー選手権。僕ら沖縄SVの初戦は京都のアミティエSCで10月22日(土)に対戦します。全国で沖縄SVの名前を轟かせられるよう全力でプレーします。期待していて下さい!!