第1回取締役会、値千金也

 11月13日、サンフランシスコの弁護士事務所で、フラクタとして第1回の取締役会を開催した。投資家も遠路はるばる駆けつけてくれて、社外取締役としてデーブさん(Light社のCEO)も参加してくれた。ナンシーさんが議事録を取り、僕とラースさんが色々な議案を片付けていく。

 新しいビジネスプランに関しては、僕が1時間近くかけて丁寧にプレゼンテーションを行った。日本の一般的な取締役会とは異なり、ビジネスの進捗に対して社外取締役であるデーブさんからは切れ味の良い質問が飛び、僕たちはそれに答えていく。シリコンバレーでスタートアップ企業を成功に導いてきたデーブさんとの議論は、まさに値千金(あたいせんきん)であり、その誠実さと説得力、バランスの良さには頭が下がる思いだった。

 僕たちはこうした議論の積み重ねから、また新しい視点を手に入れ、さらに力強く前進していくことができる。取締役会は午後3時から6時まで、3時間休みなく続いた。このあと皆で夕飯を食べ、夜9時過ぎにはお開きになった。

 帰りの車の中で、なんだか僕は嬉しくて、胸がいっぱいになった。アメリカに来て、こうして現地で歴戦の覇者たちと、まさに喧々諤々、ビジネスの話ができる。メジャーリーグで思い切りボールを投げさせてもらい、全力でベースボールを楽しむことができる。こんな幸せな人生は無いな。また明日も頑張ろうと、心に決めた。

イベント会場隣接のショッピングモールで、休憩時間にラースさんとバーチャルリアリティ体験。かつての未来が、すごいスピードで現実になっていく。僕らもさらに加速していきます
イベント会場隣接のショッピングモールで、休憩時間にラースさんとバーチャルリアリティ体験。かつての未来が、すごいスピードで現実になっていく。僕らもさらに加速していきます

 ×   ×   ×   ×   ×   ×   ×

 前回も、色々な読者の方から応援のメッセージをいただいた。本当に嬉しい限りだ。読者の方々からの応援メッセージには、全てに目を通すようにしている。応援メッセージなどは、この記事のコメント欄に送ってもらえれば、とても嬉しい。公開・非公開の指定にかかわらず、目を通します。