「弊社の話で言えば、トヨタさんとは、長年お仕事をご一緒させて頂いていることもあって、設計や解析の方向性や人と人との思考がものすごくシンクロしている面もあるし、一方で客観的に見ることができる面もあるからだと思います。本当かどうかはわかりませんが、報道をいろいろ読んでみると、トヨタさんがWECに掛ける予算は、ポルシェの半分、といわれていたりしますよね」

 そうですね。今回のル・マンでは3台になりましたが、去年まではそもそもポルシェやアウディが3台体制だったのに、2台だったり。スタッフの人数も彼らの半分以下と聞いたことがあります。

 「開発のスピードには、人工(にんく)が絶対に必要で、そこの速度を上げるために、『こういうものが欲しい、担当の人がこういうことを望んでいる』、というのがわかる、二人三脚で走れる会社があることが、大事なのじゃないかと」

 トヨタ側と、実際にはどんなふうに組むのですか?

 「たとえばレシプロエンジンの部品で言えば、燃焼圧、排気量、重量、使用距離などのおおまかなスペックをいただき、蓄積された経験と実績から設計、解析をおこない、加工現場からの指摘も採り入れ素材や形状を提案します。都度トヨタさんでも解析を行って頂き、相関が取れ方向性が合致すれば承認が下り『そのまま製造に入ってください』となる。実機の運転試験が終わると部品は返却され、部品に蓄積された熱負荷を測定し、設計、解析にフィードバックすることで、さらに安全率の高い部品を提案することができます」

出所:ケン・マツウラレーシングサービス
出所:ケン・マツウラレーシングサービス
[画像のクリックで拡大表示]

「ムリ言ってゴメン。」「なんとかします。」

 なるほど。人間関係的にはどうですか?

イラスト:モリナガ・ヨウ(以下同)
イラスト:モリナガ・ヨウ(以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 「トヨタの村田さん(村田久武・GR開発部長兼ハイブリッドプロジェクトリーダー)とは、F1、CART、NASCARなど、トヨタが頻繁に海外レースに出ていた時代からのお付き合いで、いちばん苦楽を共に、というか、苦しい時代をご一緒していて。東富士の村田さん、萩原さん(GR開発部 技範)始め皆さんは、僕からすると兄貴です。普段会うときは、こちらが「兄貴」、向こうが「賢太」ですよ(笑)。

 仕事としてではなくて、私情も入るような、家族のような関係。お客様なので本当は申し訳ないのですが、家族、兄弟のような気持ちです。

 兄貴達とのショートメールは見直すと面白いですよ。週末に『ムリ言ってゴメン。』というひと言が送られてくるんです。僕は『なんとかします。』と返してしまう」

 どういうことでしょう?

 「緊急事態ということですね。その時点ですぐさま展開して会社の中で体制を整え、最終便で東富士から松山へ部品を持ち込むのを待ち構えます」

 え? よく分かりません。

 「つまり、うちの会社全員が、トヨタさんの開発状況とレースのスケジュールを把握していて『いつまでにエンジンの火入れ、性能確保、ロールアウト(搬出)が必要』だとわかっているので、緊急メールが来ると、内容はもちろん『この試験をこの週末に完結させないと、満足いく状態でレースに出れない』ということまでぱっと伝わる。常にそんな緊張感を持っているんです。それで、空港で担当者から部品を受け取り、ホテルに送り込んで、『始発の飛行機で持って帰ってもらいますので、寝ていてください』と。全員がいま、『WECで勝つ、ル・マンで勝つ』、という意識があるので、仕事の忙しさを拒む子はいません」

工場の中には、やはりあのポスターが
工場の中には、やはりあのポスターが

 それは、かつての残業体制の復活につながりませんか?

 「正直、ひどいときはひどいですね。突貫、特急仕事だと現場にずっと張り付くことだってあります。できる技術や設備がある以上やるときはやらねばなりません。例えば、とあるサーキットでエンジンが壊れて、軽トラで持ち帰って分解して原因を究明して対応部品を作って組み付け、火入れしてトヨタさんに自走で持ち込む、なんてこともあります。そういうときは『あれ? 俺、いつ寝たかな』ということだってある」

次ページ 部活でもいいじゃないか、目的と結果がクリアなら