レンジで事業計画を立てなければならないのが素材メーカーの宿命だ。そこを逆手に取って、未来のニーズを先取りしようとしているのが旭硝子だ。島村社長は「30年後の社会のニーズを予測し、そこからバックキャストする」という。