スノーピークの山井太社長は「自分が心から欲しいと思う商品やサービスだけを作ろう」と決意した。そして、自分が理想と思うブランドを生み、育てる。そのための同社の最大の特長は「B with Cの経営戦略」だ。「B to B」でも「B to C」でもなく、C(消費者)と共に歩む経営という意味だ。