【PR】家電は家事を「助ける」から「代替する」へ

「カメラセンサー」によるSLAM技術で間取りを学習し、効率よく掃除

SLAM技術で自己位置の認識とフロア全体の地図作成を同時に行いながら、まずは壁に沿って進む「ラウンド走行」を行い、その後「ルート走行」に移行。まさに目で見て掃除しているかのような、効率的な走行パターンを実現している。
閉じる