目の前で涙を浮かべる30歳の部下

 その夜、Uさんは相当困っていた。部下を食事に誘ったのはいいが、話が段々と湿っぽくなってきて、挙句の果てに、目の前でうっすらと涙を浮かべ始めたのだ。

 連れてきたG君は、30歳になる。学生時代から総合商社に憧れていた彼は希望通りの就職を果たし、Uさんの下でキャリアを積んできた。

 仕事の進め方はスマートで、地頭がいい。学園祭の「ミスター・コンテスト」のファイナリストにも選ばれたというだけあって、ルックスも目立つ。人間関係にも苦労はなかったようで、コミュニケーション力も高い。

 そんなわけで、取引先からも可愛がられていたのだが、ここ最近は明らかに伸び悩んでいた。

 入社時に配属されてからずっと所属しているのは、東京本社のメディア・ビジネス関連の部署で、社の中でも歴史は浅い。服装は比較的自由で、資源関連に配属された同期などからは羨ましがられるような職場だ。上司もUさんをはじめとして、柔軟な発想の人が多く体育会的な感じではない。

 そういう環境で伸び伸びとやってきたU君だが、最近はなかなか居場所がない。社外との日々のやり取りは、20代の若手がこなしている。その一方で、大きなプロジェクトを仕切るには力量不足だ。

 Uさんから見れば、「ありがちなパターン」にも見える。一通りのことは器用にこなして周囲からも好かれるのだが、粘りや突っ込みはいま一つ足りない。いわば、センスだけで仕事を進めてきたのだ。似たようなタイプはUさんの同期にも何人かいた。そして、30代になった頃に、多くが壁に突き当たった。それを乗り越えられた者もいれば、足踏みしたままの者もいる。

 Uさんは、G君の所属するグループのリーダーであり、評価者の立場だ。最近の様子を気にして食事に誘ったのだが、G君自体も自分のことはよく分かっていたようだ。

 涙を浮かべてうつむいているG君にかける言葉を考えながら、Uさんはあたりにそっと目を配った。

(これじゃ、新手の痴話喧嘩にでも見えるんじゃないか……)

 そんな妙な心配をよそに、G君は、グラスを見つめながら黙りこくってしまった。