ファミリー企業(同族企業)。日本でそのイメージは必ずしも良くはない。同族支配は古き統治形態と見なされ、「お家騒動」など、負の側面で語られることも多い。だが、欧米ではむしろ評価の対象であり、学術的な研究も盛んに行われてきた。実際、ファミリー企業の業績や経営指標は非ファミリー企業に勝るとも劣らない。跡目を継いだ歴代は、リスクを取って果敢に変革へと挑みながら、家業を守り抜いてきた。後任指名され、前社長の機嫌をうかがい、変革できずに潰れていく“サラリーマン社長”とは対照的だ。東芝、シャープ…。世界的なメガブランドですら、消滅の危機に立たされている。企業の「永続性」が問われる今こそ、ファミリー企業から学べることは多い。