豊穣にして無限。南米・アマゾン川をずっとずっと遡ったその先に「規格外」の人間たちが生きていた……。 4月にスタートするNHKスペシャル「大アマゾン 最後の秘境」シリーズ。その第2集「ガリンペイロ 密林に黄金を追う男たち(仮)」(5月放送予定)の番組ディレクターが、放送に先駆けて、アマゾン奥地の「今」を紹介する。 いくつもの支流を分け入った密林の奥、荒くれ者たちが作り上げた金鉱山に潜入した筆者は、映画『地獄の黙示録』さながらの、欲望と暴力と狂瀾に満ちた「王国」を見た。 トップアスリートたちが金メダルを競うリオ五輪開催の2016年、同じ南米の奥地には、「金」を求めるもう一つのリアルがある。

滝を越えて

 滝を駆け上がるたびに、ボートは激しく揺れ、時に飛んだ。余りに激しい水飛沫で、前を向くことも目を開けることもできない。私たちは、新たな滝が見えてくる度に身体を強張らせ、必死に耐え忍ぶしかなかった。

 だが――。さらに前方に待ち構えていたのは、高さ・水量・水音・流速の全てにおいて、これまでの滝とはまるで違っていた。ナイヤガラやイグアスにも比するような、巨大かつ暴力的な滝だったのだ。

 ここを越えようとすれば、重い船を陸地まで引き揚げて迂回するか、激流に流されることを覚悟で川に入り船を押すしかない……。いや、それは余りに危険だから、もはや引き返すしかないのではないか……。誰もが、そう諦めかけていた。

 ただひとり、船の最後尾に仁王立ちする船頭だけは皆と違っていた。先陣を誰にも譲ったことのない猛将のように肩をいからせると、70馬力のエンジンを全開にしたのである。爆音が鳴り響き、スピードがみるみる上がる。滝がどんどん迫ってくる。たまらず、大丈夫なのかと船頭に尋ねた。すると、船頭はにやっと笑い、酒焼けした声でこう言った。

 「この滝を越えることのできる船頭は広いアマゾンにも2人しかいない。俺はそのひとりだ。この先の金鉱山まで俺が何人運んできたと思う?」

行く手には23の滝が待ち構えていた (c)Eduard MAKINO

 私たちは23の滝を越え、遥か彼方にあるという金鉱山を目指していた。「ガリンペイロ(金を掘る者ども)」と呼ばれる男たちを取材するためだ。ガリンペイロは法に縛られず、時に人を殺すことも躊躇わないという。そんな彼らが密林の奥底で徒党を組み、あたかも独立国家のような「王国」を形成しているというのだ。

 この滝を越えなければ、彼らの「王国」に辿り着くことはできない。覚悟を決め、身体に力を入れた。その瞬間、機関砲のような猛烈な水飛沫が四方八方から飛んできた。またしても、私たちは身を屈めて耐えるしかなかった。

アマゾン広しといえでも、その激流を操舵できる者は僅かしかいない (c)Eduard MAKINO