メルケル首相の与党CDU・CSUの完勝だった。しかし、その勝ち方に強さはなく、CDU・CSUの得票率は前回の42%から10ポイント近く下落した。一方で「反難民」を掲げる右派勢力のAfDが躍進し、議会で第3党に食い込む。