Facebookでは約120人の研究者が先端技術を研究している

AIを活用しているFacebookの中で、FAIRはどんな役割を果たしていますか。

ルブリュン氏: FAIRの役割は先端技術を研究することです。FAIRの研究成果はオープンソースで一般に公開されています。

将来的にFaceebookで活用するための技術を研究しているのですか。

ルブリュン氏: 必ずしもそうではありません。

 Facebookには、Applied Machine Learning(AML)、「適応する機械学習」のチームもあって、ここはFAIRよりももっと大きなチームです。彼らは、Facebookの本番環境に技術を実装するチームです。一方で、FAIRは純粋に研究をするためのチーム。チームとして「こういう分野を研究しよう」といった方針などは一切なく、研究者が必要だと思うこと、研究したいと思うことを研究しています。

 だから、FAIRの研究で得られた知見や技術は、Facebookが将来的に使うかも知れないし、使わないかもしれません。また、オープンな情報ですから、ほかの企業が使う可能性もありますね。

Facebookの利益とは別に、AI技術の底上げを図るのが目的ということですね。FAIRには今、何人くらい研究者がいるのでしょう?

ルブリュン氏: 約120人です。ニューヨーク、パリ、カリフォルニア州のメンロパークに約40人ずついます。

FAIRをはじめ、Facebookの研究チームのウェブサイト。FAIRはサイトなどでも研究結果を公表している
[画像のクリックで拡大表示]
FAIRには約120人の研究者が在籍している(Facebook researchのウェブサイトから)
[画像のクリックで拡大表示]