「MacBook Pro」が久しぶりにフルモデルチェンジを遂げた。かなり割り切った点があり、発表された段階では賛否両論が見られた。僕も「これはどうなんだろう?」と、大胆な進化に少々疑念を感じていた。

 大きな論点は2つ。薄型化されたのはいいのだが、端子がUSB-C(Thunderbolt)のみになったこと。通常サイズのUSB端子やHDMI端子すらないのは、ちょっと困る場面もありそうだ。

 もう1つは、ファンクションキーが廃止され「TouchBar」と呼ばれるタッチ方式の小型スクリーンに変わったことだ。英語圏では問題ないのだろうが、日本では、かな漢字変換の際にファンクションキーを多用する人も少なくない。僕自身もその一人なのだが、果たして使い勝手はどうなのだろうか?

 そんな点に目を向けつつ、製品をチェックしてみた。

新登場のMacBook Pro。ぱっと見はさほど変わっていないように思える
[画像のクリックで拡大表示]

ボディーはサテン生地のような仕上げで文句なし

 実は、フルモデルチェンジといっても、基本的なデザインのコンセプトは変わらない。外装のほとんどはアルミ製で、ひと目見てMacBookだと分かる。

 外装を詳細に見て感じたのは、フィニッシュの違いだ。従来のMacBookは、やや目の粗い仕上げだった。新MacBook Proは表面のきめが細かく、まるでサテン生地のようにエレガントな装いだ。僕としては、この仕上げは歓迎するし、MacBook Proというキャラクターにも合っていると思う。店頭で見かけたら、ぜひ表面の仕上げをチェックしてみてほしい。仕上げの違い、手触りの差が分かるはずだ。

 本体カラーは、スペースグレイとシルバーの2色。落ち着いた配色を2つ用意したのは舌を巻くばかり。さすがに分かっている。MacBook Proには、ゴールドやローズゴールドはいらないのだ。

 液晶サイズは13インチと15インチ。今回は13インチのほうをレビューしていく。

表面はサテンのようにきめの細かい仕上げ
[画像のクリックで拡大表示]
裏面の仕上げも文句なしだ
[画像のクリックで拡大表示]