デジタル全盛時代でも車の設計に粘土を使う理由

ボンネットからサイドパネル、ルーフ、そしてテールへと滑らかに連なる曲線的な上面と、攻撃的な印象を抱かせるノーズ。対極となるイメージが1台に同居したデザイン
閉じる