安全に素早く商品をピックアップするための工夫とは

 「Prime Now」の1時間以内配送では、注文から1時間以内に配送できなかった場合は、配送料を返金する。なぜそんなに迅速な配達が可能なのか。秘密の1つは棚への商品の格納方法にあった。

 その秘密とは、なんと空いている棚にどんどん商品を詰め込んでいくこと。商品のカテゴリーごとに整理したり並べたりはしていないという。そんなことをしていたらどこに何があるか分からなくなって非効率的なのでは?と思うのだが、詰め込む際に商品と棚のQRコードを読み取ることによって、後でどの商品がどこの棚にあるかが分かるのだそう。商品をバラバラの場所に配置することで、かえってスタッフの動線がぶつかることなく、人気の商品の棚が混み合うこともなくなるのだとか。

 つまり、どこにどの商品があるか。QRコードで読み取った情報をデータベース上でリアルタイムに管理しているからこそ、この方式が可能になるというわけだ。すごい。

確かに、ひとつの棚にさまざまな商品が。電球の下に油の炭濾過フィルターがある……。これが実は安全にすばやく商品がピックアップできる秘密
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾンの倉庫ということで、潜入前にはさぞや大がかりだろうと想像していたが、コストコやIKEAのように巨大というわけでもなく、倉庫ロボットが倉庫内を走り回るというわけでもない。スタッフの人数も少なく、全体として大変コンパクトな印象を受けた。

 11月17日は今年のボジョレー・ヌーボーが解禁となったが、Prime Now専用アプリで注文すると、17日0時から2時の間にも注文者の自宅へボジョレー・ヌーヴォーを配送したという。

一足早く入荷されていたボジョレー・ヌーヴォーも倉庫の棚に並んでいました
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク

(写真・文/柳岡紗枝子=ブレーンシップ)

日経トレンディネット 2016年11月16日付の記事を再構成]