犬型ロボット「aibo」を発表するソニーの平井一夫社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーが犬型ロボット「aibo」(アイボ)を復活させる。2018年1月11日に発売する「aibo ERS-1000」は、最新のAI(人工知能)技術やクラウド技術を盛り込むことで、オーナーからの指示を待たずに自立的に行動できるようになった。顔をなでたり笑顔を見せることでオーナーが喜ぶことを理解して学習し、愛情たっぷりの振る舞いをするようになる。これまでの近未来的なデザインから、丸みを帯びたコミカルな顔つきに変更し、幅広い層に親しみやすくした。希望小売価格は19万8000円で、ソニーの直販サイトのみで取り扱う。

1年半前から開発をスタート、感情の表現を豊かに改良

 ソニーの平井一夫社長は「2006年にアイボの販売終了という厳しい判断をしたが、その後もAIやロボティクスの研究は継続していた。AIと動くものを組み合わせた複数のプロジェクトを進めていたが、今回家庭を楽しく快適にしてくれるものとしてアイボを発表することができた」と語った。アイボ自体は、1年半前に開発を指示したという。

 今回のアイボの特徴が、AIやクラウド技術を使うことで自律的な行動ができるようにしたこと、さまざまなカメラやセンサー類でオーナーの反応を把握して学習できるようにしたこと、瞳に有機ELパネルを搭載したり可動部を増やしたりして感情の表現を豊かにしたことなどが挙げられる。

国内で人気のミニチュアダックスフント風の愛らしいデザインを採用する。ピンク色のボールや充電台は本体に付属するが、前方にある骨型おもちゃ「アイボーン」は別売となる(希望小売価格は2980円)
[画像のクリックで拡大表示]
瞳の部分には有機ELパネルが埋め込まれており、さまざまな感情を表現できるようにした。従来のアイボは数個のLEDだったので、大きく進化した点の1つといえる。鼻の部分には魚眼カメラを内蔵する
[画像のクリックで拡大表示]

 AIやクラウドは、オーナーとの日ごろのやりとりを解析することで、オーナーが喜ぶ自律的な行動につなげるために活用する。さまざまなアイボオーナーとのやりとりを収集してアイボを賢くさせることも可能だという。

特に指示をしなくても、自立的に動いてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
アイボが動いている様子。とてもなめらかな動きなのが分かる
1999年に登場した初代アイボ(左)と2代目アイボ(右)。近未来的なデザインを採用していた
[画像のクリックで拡大表示]