アナログとデジタルのよいとこ取り

 「Qネイト」(税込み2万8620円)は「ハイブリッドスマートウォッチ」と呼ばれる製品だ。アナログ時計のデザインを採用しつつ、スマホの通知確認や遠隔操作に対応するなど、多機能さがユニーク。Android OS 4.4以降のスマホ、またはiPhone 5以降、iOS 8.2以降のiPhoneに対応し、「Fossil Q」アプリ経由で設定を行える。

 ラウンド型のケースは、サイズ50mm・厚さ13.5mmと大きい。また、5気圧防水に対応しているので、水場での使用も問題ない。今回、レザーバンドモデルを使用したが、防水のためか腕に接する面は樹脂製で、質感は若干硬かった。

QネイトもQマーシャル同様大きい。外見は、アナログ時計そのものだ
[画像のクリックで拡大表示]
専用アプリ「Fossil Q」でスマホとペアリングする
[画像のクリックで拡大表示]
インデックスはアラビア数字が混ざったバータイプで、指針はペンシル型。サブダイヤルが一つ付いている
[画像のクリックで拡大表示]
バンドは通気性が良く、手入れしやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 ケース右側面には3つのボタンが付いており、それぞれに機能が割り当てられている。上部ボタンを押すと時間が確認できる。ベゼルに日付が記されており、そこを指し示すという仕組みだ。

 中央ボタンでは項目ごとの値を確認可能。例えば、サブダイヤルを「アラーム」に合わせたときには、アラームの設定時刻に針が移動する。そして、下部ボタンでは、カメラのシャッター操作や、見失ったスマホから音を鳴らす操作など、スマホのリモートコントロールが行える。

 スマホからの通知は、バイブレーションや針の動きで分かる。例えば、電話の通知では相手によって針の位置を設定可能。友人なら1時、家族なら3時といった具合だ。また、活動量の目標値を達成した場合にも針が回転して知らせてくれる。

 電池持ちについては、充電不要で最大6カ月間利用可能。毎日充電する手間がないのは最大のメリットだ。付属の金具などを使ってケース裏面を開ければ、電池も簡単に交換できる。

「Fossil Q」アプリ画面。「Q Link」から下部ボタンの機能を選択できる
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリーはボタン電池を用いる
[画像のクリックで拡大表示]