王道モデルの魅力とは?

 スマートウォッチタイプの「Qマーシャル」(税込み3万9960円)はタッチスクリーンを搭載するスマートウォッチだ。今回チェックしたのは、ステンレススティールバンドの男性向けモデル。ケースサイズは45mmで厚さ14mm。円形のディスプレイを搭載している。

 同機はAndroid Wearを搭載しており、Android 4.3以上のスマホや、iPhone 5以降、iOS 8.2以降のiPhoneに対応。ただし、iPhoneで利用する際は、使える機能が一部限定される。

Qマーシャルは、細めのワイシャツなら袖口に引っかかる“デカ厚”なサイズ感で、腕に装着するとずっしりした重みを感じた
[画像のクリックで拡大表示]
バンドは3連タイプ。バックルは着脱が容易なシングルロック式が採用されている
[画像のクリックで拡大表示]
スマートウォッチの文字盤は変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Qマーシャルは、文字盤のデザインをその日の気分や服装に合わせて変更できる。これは普通の腕時計にはない、スマートウォッチならではの魅力だ。一方、ディスプレーが完全な円形ではないことがやや気になった。細かい点ではあるが、デザインを売りにしている端末としてはもったいない。

 Androidスマホとペアリングすると、Android Wearの標準機能を利用できる。腕を振って操作したり、「OK Google」コマンドで音声操作を行ったりすることも可能だ。

 バッテリー駆動は最長24時間。毎晩の充電は必須だが、マグネット式のワイヤレス充電器が採用されており充電しやすい。アダプター部分にはライトが付いていて通電時に光るため、うっかり充電できていないというミスを防げる。

音声コマンドを使って、近くのカフェなどを手早く探せる
[画像のクリックで拡大表示]
充電器はマグネットでケース裏面に貼り付く
[画像のクリックで拡大表示]
充電時には充電ケーブルの根元が光る
[画像のクリックで拡大表示]