[画像のクリックで拡大表示]

「DIESEL」で知られる企業のスマートウォッチ

 スマートウォッチを「ファッション」として売る――。

 いまだ決定打に欠けるスマートウォッチ市場に新たな一手を打つのは、アメリカ・テキサス州に本拠地を持ち、約150カ国で時計ブランドを展開するFossil Group(フォッシル・グループ)だ。社名を聞いてもピンとこない人も、「DIESEL(ディーゼル)」「SKAGEN(スカーゲン)」など、同社が取り扱うブランド名は耳にしたことがあるだろう。

 同社の日本法人であるフォッシルジャパンは2016年9月20日、計7ブランドからスマートウォッチなどのウェアラブル端末を順次発売している。従来、一部の家電・パソコンメーカーが中心となっていた市場に、腕時計ブランドとして参入することで、デザイン性を重視する消費者にアプローチしていく。

「Fossil」のウェブサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、同グループはスマートウォッチの先駆け的企業でもある。2005年には腕時計型PDAを、2006年にはBluetooth対応の腕時計を製作している。その姿勢もあって、スマートウォッチ向けに開発されたOS「Android Wear」への取り組みも早かった。グーグルが同OSを発表した2014年には、ウェアラブル機器に注力しはじめていたインテルと提携している。

 2015年10月には、Android Wear搭載デバイスの「Fossil Q」シリーズを発表。同年11月には、ウェアラブル製品を製造していたベンチャー「Misfit」を買収し、アクティビティトラッカーの分野にも本格的に手を広げ始めている。

展開するのは3種類

 そんな同社は日本市場向けに、ライセンスブランドを含む7ブランド(FOSSIL、Misfit、SKAGEN、DIESEL、EMPORIO ARMANI、kate spade new york、MICHAEL KORS)で、先述したように全107型のウェアラブルデバイスを2016年9月から順次投入している。

 これらの製品は、タッチスクリーン式のスマートウォッチ、外観はアナログ時計でスマートウォッチとペアリングする「ハイブリッドスマートウォッチ」、活動量測定機能などを有するアクセサリー「トラッカー」の3種類に分かれている。

「Fossil Q」シリーズのスマートウォッチ「Qマーシャル」(左)と、ハイブリッドスマートウォッチ「Qネイト」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 自社ブランド「Fossil」で展開するモデルの一部は、既に発売が開始されている。今回はスマートウォッチの「Qマーシャル」とハイブリッドスマートウォッチの「Qネイト」を実際に使用してみた。