ライトセーバーで家電を支配

 食べる系ではないが、スター・ウォーズのシリーズで面白かったものを紹介しておく。まずは、「STAR WARS リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」。これまた細部まで作り込まれたルーク・バージョンの青い光のライトセーバーなのだが、それがモーションセンサー内蔵の学習型リモコンになっている。2つのボタンと、振り下ろす(上から正面へ)、左になぎ払う(右から正面へ)、右になぎ払う(左から正面へ)の3つの動きを組み合わせて、合計6つの動作を、リモコン操作に設定できる仕掛けだ。

 これによって、帰宅したらライトセーバーを持って、Aボタンを押しながら振り下ろせば、照明がついて、そのまま左になぎ払うとテレビがついて、Bボタンを押しながら右になぎ払うとチャンネルが変わる、といったことが可能になる。リリースに「電化製品の支配を可能にした」とあるのがまた面白い。

タカラトミーアーツ「STAR WARS リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」(4800円)。12月14日発売予定
[画像のクリックで拡大表示]
手になじむサイズ感
[画像のクリックで拡大表示]

 かわいらしかったのは、「STAR WARS ダース・ベイダー危機一発ミニ」と、「STAR WARS BB-8危機一発ミニ」。おなじみの「黒ひげ危機一発」の小型版のスター・ウォーズバージョンだ。タカラトミーアーツはさまざまなキャラクターの危機一発ミニを発売しているが、手のひらに乗る絶妙のサイズ感や、BB-8はスパナを、ダース・ベイダーはライトセーバーをさすという芸の細かさ、飛び出すフィギュアの妙なリアルさなど、むしろ、このサイズのほうが楽しいのではと思わせる仕上がりだ。こちらは11月30日発売、価格は890円。

タカラトミーアーツ「STAR WARS ダース・ベイダー危機一発ミニ」(890円)。11月30日発売予定
[画像のクリックで拡大表示]
タカラトミーアーツ「STAR WARS BB-8危機一発ミニ」(890円)。11月30日発売予定
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/納富廉邦)

日経トレンディネット 2017年10月24日付の記事を転載]