どう使うと自宅が快適になる?

 ルームハブと各機器を接続するだけでは、スマホが家電の集中リモコンになるだけ。本製品の場合、最後に機器同士が自動連携するための「スマートシナリオ」を設定することで、真価を発揮できる。

 現在のmouseスマートホームはさまざまな組み合わせで連携設定が可能。ドアやモーションセンサーが変化を感知すると、LEDライトや電源プラグなどに設定した動作を実行できるわけだ。

 今回は「階段の通過をモーションセンサーが検知したら廊下のLEDライトを自動的に点灯する」「ドアの開閉をセンサーが検知したら仕事場の扇風機を自動的に回す」「同じくドアの開閉をセンサーが検知したら廊下のLEDライトを点灯する」という3つのスマートシナリオを設定して、自宅の利便性を向上させてみた。

ドアの開閉時にLEDライトを指定の時間、指定の明るさで点灯するといった設定が可能。名称は自由に設定できる
[画像のクリックで拡大表示]
スマートシナリオは実行する時間帯(05~11時/11~14時/14~18時/18~05時)と曜日を指定できる
[画像のクリックで拡大表示]
設定したスマートシナリオは管理画面から個別にオンオフ可能だ
[画像のクリックで拡大表示]