中国のスマートフォン市場では、小米に代わって、オッポというメーカーがシェアを増やしている。そのオッポが特に力を入れている「R9」という製品を自腹で買ってみた。

オッポがスマートフォン市場で躍進中

 オッポというスマートフォンメーカーが、今年になって一気にシェアを増やしている。ある調査によれば、2015年の4~6月期に800万台だった同社のスマートフォン出荷台数は、2016年の4~6月期には1800万台と、2倍以上になっているという。高コストパフォーマンスの製品で人気のスマートフォンメーカー小米(シャオミ)が同時期に1710万台から1050万台まで出荷台数を減らしたのとは対照的だ。

 オッポは東南アジアやインドなどにも事業を展開していて、世界市場で見ると2016年の4~6月期に2260万台を出荷。サムスン、アップル、ファーウェイに続く第4のメーカーにまで上り詰めている。

 オッポはさまざまなスマートフォン製品をラインアップしているが、特にプッシュされているのが「R9」と「R9 Plus」いう製品だ。R9とR9 Plusにはディスプレイ(R9は5.5型、R9 Plusは6.0型)、CPUなどに違いがあり、R9 Plusは4K動画の撮影にも対応している。ちなみに筆者がスマートフォンショップ数店をチェックした限りでは、3、4台に1台はオッポのR9が買われていた。

 価格はR9が2499元(約3万7500円)、R9 Plusが2999元(約4万5000円)。従来の売れ筋は1000元台だったので、それに比べるとやや高めの価格設定だ。中国のスマートフォン市場では売れ筋の価格帯が高めになりつつあるとはいえ、その人気ぶりには舌を巻く。

最初から透明なプラスチックカバーケースが装着されている
[画像のクリックで拡大表示]
オッポ製品は全てAndroidのカスタムOS「Color OS」を搭載
[画像のクリックで拡大表示]
オッポはネット販売に加えて実店舗での販売にも力を入れている
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまな製品がある中でR9を推す店が目立つ
[画像のクリックで拡大表示]