スタバの新展開は“手がかかる紅茶”――。スターバックス コーヒー ジャパンは2016年10月3日から、紅茶の新ブランド「TEAVANA」(ティバーナ)の展開を開始した。

新ブランド「TEAVANA」の発表会に登壇したスターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 ティバーナはもともと北米を中心に展開していた紅茶専門店。2012年に米スターバックスが買収し、2013年に同社の紅茶ブランドとして展開を始めた。米国ではすでに約1万1000店舗でティバーナを使った商品が販売されている。

 米国のティバーナブランドは茶葉にフルーツや花、ハーブやスパイスなどをブレンドした商品や、茶葉にさまざまな素材を組み合わせたり、抽出法を変えたりして作った飲料を展開。2016年秋から日本を含むアジア地域の6200以上の店舗でもティバーナの取り扱いがスタートした。

2016年秋から日本を含むアジア地域の6200以上の店舗でもティバーナを取り扱いがスタート
[画像のクリックで拡大表示]

 日本限定の商品として発売したのが「ゆず シトラス & ティー」(以下、ゆずシトラスティー)だ。ピンクグレープフルーツなどのかんきつ類を用いたブレンドジュースと、ゆずを中心とした果肉、茶葉を組み合わせて提供する商品で、その抽出方法がユニーク。本来は沸騰した湯で紅茶を入れるところ、ゆずシトラスティーはなんとスチーム、つまり沸かしたジュースで紅茶を抽出するというのだ。

「ゆずシトラスティー」のホット(左)、アイス(右)。価格はともにショート390円、トール430円、グランデ470円、ベンティ510円
[画像のクリックで拡大表示]