ソフトバンクが販売している「シンプルスマホ」は、フィーチャーフォンからスマートフォンに乗り替えるスマホ初心者やシニア層を主なターゲットにした機種だ。「メーンターゲットは40~60代。年齢が高めの人でもタッチなどの操作がしやすいように仕上げている」(プロダクト企画本部 商品企画統括部 商品企画部 商品企画2課の柏崎裕子氏)。

 2016年9月9日に発売された「シンプルスマホ3」は3代目になるが、過去の「シンプルスマホ」「シンプルスマホ2」とはかなり印象が違っている。デザインは一般的なスマホに近づき、一見、“初心者やシニアが持つもの”という雰囲気を感じさせない。

 デザインなどを変えた背景には、開発にあたって、ターゲットとなるシニア層を対象に実施した調査がある。ユーザーの声を改めて拾ってみると、開発側が想定していなかった要望や不満があった。また、シンプルスマホが最初に発売された2013年から3年がたって、パソコンを使い慣れている世代がシニア層になったことで、ニーズにも変化が出てきているようだ。

ソフトバンクが発売したシャープ製のAndroidスマートフォン「シンプルスマホ3」。ライラックシルバー、ブラック、ピンクの3色を用意している
[画像のクリックで拡大表示]

アイコンや文字は大きければいいわけではない

 前モデルのシンプルスマホ2では約4.5インチだった画面サイズを、シンプルスマホ3では約5インチに拡大。ボタンやアイコンが押しやすくなり、表示される文字も111%に大きくなった。さらに、メーン画面で表示されるアプリ数を6つから9つに増やしたり、家族や友人など、よく連絡する相手を登録しておけるショートカットボタン「楽ともリンク」を3つから4つに増やしたりしている。

 重視したのは、機能の一覧性を高めることだ。開発を担当した柏崎氏によると、「視力が衰えるシニア層には、アイコンや文字が大きいほうが喜ばれると予想していた。だが、ユーザー調査でシンプルスマホ2と比較してもらうと、意外にも、文字の大きさより、使いたいアプリがなるべく多く、一見して分かるように配置されているほうがうれしいという声が多かった」。アプリが一覧できれば、そのスマホで何ができるのかが明確になるからだという。

 アプリ一覧の下にある楽ともリンクもアイコンの色を見直した。青、赤、緑、黄という配色は、テレビのリモコンと同じ色調にそろえたそうだ。「普段の生活でなじんでいる機器と同じように使ってもらいたい。寒色、暖色、寒色、暖色という並びも見やすいようだ」(柏崎氏)。

左がシンプルスマホ3、右が前機種のシンプルスマホ2。アイコンのサイズは小さくなったが、一覧性が高くなった。写真では「未登録」となっている楽ともリンクの視認性も上がった。なお、「LINE」はフィーチャーフォンからスマホに乗り替える動機の一つになるそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

 また、「現代は、自分はまだシニアではないという意識を持ち、活発的に行動する“アクティブシニア”が多く見受けられる」と柏崎氏。頻繁に外出し、SNSも積極的に利用する人が多く、カメラの使用頻度はますます高まっている。そのため、カメラの性能は800万画素から1310万画素に向上。ソフトバンク向けのシャープ製スマートフォンでは初めてカメラ専用シャッターボタンを設け、ボタンを押すだけでカメラを起動できるようにした。

 さらに、調査では家族や友人と自撮りしたいという声があったことから、自撮り用のインカメラも120万画素から500万画素に向上。ほかの機種では一般的になっている、人の顔を認識して補正し、肌をなめらかに仕上げる美肌補正機能も搭載した。

カメラ専用シャッターボタンをシャープ製のスマートフォンとして初めて搭載。デジカメと同じ感覚で使えるので、画面タッチに慣れていない人でもシャッター操作がしやすい
[画像のクリックで拡大表示]
左のシンプルスマホ3と右のシンプルスマホ2ではロック画面も違う。全面写真表示になったので、旅先で撮影した写真や孫などの写真を飾りたい人にうれしい点だ
[画像のクリックで拡大表示]