[画像のクリックで拡大表示]

 電動スクーター関連事業を世界展開する台湾Gogoro(ゴゴロ)と住友商事が、戦略的パートナーシップの締結を発表した。日本でも今年度中に試験サービスを開始する。

 まずは沖縄県石垣島で、電動スクーターのシェアリングサービス「GoShare」をスタート。来年度以降、電動スクーター自体の販売などシェアリング以外の展開も含め、他の都市にも広げる予定だ。

Gogoroのホレイス・ルークCEO(左)は、住友商事との提携で、まずは沖縄県石垣島から日本でのサービスを開始する
[画像のクリックで拡大表示]

 Gogoroは、2015年にバッテリー交換式スクーター(スマートスクーター)と交換式バッテリー用充電ステーション(GoStation)を台湾全土で販売開始。スマートスクーターの累計販売台数は3万4000台以上、GoStationの設置数は421カ所以上に達する。

Gogoroのスマートスクーターは、2基のバッテリーで連続100km以上の走行が可能だ。バッテリー製造はパナソニックと提携している
[画像のクリックで拡大表示]

 Gogoroのスマートスクーターは、満充電状態で連続100km以上の走行が可能だ。ユーザーはバッテリーが減ってきたらGoStationに立ち寄り、スマートバイクの座席下に格納されたバッテリーを交換する。使用中のバッテリーと、GoStationにある満充電状態のバッテリーの交換は6秒ほどを目安に完了する簡易さがウリの1つだ。

バッテリー交換はGoStationで行う。所要時間は6秒ほど
[画像のクリックで拡大表示]

 台北ではGoStationが平均1キロ間隔で存在し、バッテリー切れの心配なく利用できるという。GoStationは、コンビニの店頭や大学構内など、利用者が多くアクセスしやすい場所に重点的に配置されている。

台湾では、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアの店頭や、大学構内にGoStationが設置されている
■変更履歴
本文中、電動スクーター事業を展開する台湾のベンチャー企業の社名を、Gororo(ゴロロ)としている部分がありました。正しくは、Gogoro(ゴゴロ)でした。お詫びして訂正いたします。本文は既に修正済みです。 [2016/10/27 11:30]