最初は90%の人が正しく選べなかった?

 しかし、軸やリフィルを選んで買うというスタイルは、あまり一般的ではない。「学生は多色のカスタマイズできるペンなどでリフィルを選んで買うことに慣れているが、やはり特殊な買い方なので、モニターを始めた当初、90%もの人が正しく購入できなかった」と吉川氏。その結果を受け、分かりやすいパッケージングを考えたのだそうだ。その結果、リフィルのパッケージを油性は白地にインク色文字、ゲルはインク色地に白文字とクッキリと色分けし、さらに、平らに置いた状態でもインク色とボール径が分かるように印刷する、軸の太さなどを表示するシールを太さごとに色分けする、といった分かりやすい表示にたどり着いた。

インクのパッケージ。ボール径や油性、ゲルの表記がハッキリしていて間違えにくいデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
サンプルも豊富に用意して、選び方なども書かれた什器を用意
[画像のクリックで拡大表示]
リフィルが平たい台に置かれた場合でも、表示を見やすくするために、裏面上部にもインクの種類、ボール径、インク色を表示。
[画像のクリックで拡大表示]

 普段使いのボールペンを使う人が気持ち良く書けるペンとして提供するというスタイルは、従来の「好きなリフィルを入れて使える」というカスタマイズ製品とは似ているようで全く違う。好みで選ぶというよりも、もう少し感覚に近い部分で選ぶボールペンなのだ。だから、いきなりだとどう選んでいいのか分からないこともあると思う。モニター販売で多くの人が正しく買えなかったというのも、今までにない選択ができるペンだったからという要素が多分にあったのだろう。しかし、軸が100円、リフィルが100円とリーズナブルなので、とにかくまず使ってみてほしい。ボールペンの書き味にはいろいろな要素があり、それには自分の握り方や書き方も含まれるということが分かって、そこからいろいろな気づきが生まれる。エラベルノは、そういうボールペンなのだ。

(文・写真/納富廉邦)

日経トレンディネット 2017年10月17日付の記事を転載]