肌感まで描く、職人の巧みな彩色技術にだまされる

 この商品の最大の特徴は、個体の外見的特徴を極めて精緻に写し取ること。まさに「生き写し」だ。微細なシワ、浮き出た血管、毛穴のブツブツまでその形状をつぶさに写し取る。指紋まで取れてしまうので、これは後で削る。

 そして、見た目を生体のリアリティーに一層近づけるのが職人の技。アクリル系絵の具などで関節の微妙な色の違いを描き分けたり、シミ、ホクロ、ヒゲそり跡、肌感まで本物そっくりに再現する。

「瞳」の再現度は、リアルマネキンの印象を大きく左右する。瞳が濡れたような光沢を帯びると、呼吸し始めるようだ
[画像のクリックで拡大表示]
彩色を施し、ヒゲそり跡や肌感まで再現する職人の技。七彩でマネキン制作に携わるスタッフは美術大学出身者が多いそうだ(画像提供:七彩)
[画像のクリックで拡大表示]
細かなシワ、毛穴のブツブツまで写し取り、彩色で見た目のリアリティーに限りなく近づけるパーフェクションスーパーリアルマネキン。髪の毛は1本1本“筆で描いた毛”だが、巧みな筆使いにだまされて遠目にはそれらしく見える
[画像のクリックで拡大表示]
浮き出た血管、色が微妙に濃い関節、指輪の黒ずみまで本物に限りなく似せる
[画像のクリックで拡大表示]
マネキンは服の着せ替えを容易にするため、このように腕や脚を分割できる構造になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 マネキンに彩色する技術は、通常はアイシャドーや口紅の色などシーズンごとに変わる流行のメークを新作マネキンに施すのに生かされる。その延長線上にある職人技の真骨頂が、まさにパーフェクションスーパーリアルマネキンで発揮されるのだ。

 生体をそのまま型取りして、生身の肌感まで再現する。「生きているような気配まで表現するのに、3Dプリンターを使ってもここまで精緻な再現はできないと自負しています」(池田氏)