なぜ中国線に「ドラえもん」?

 ドラえもんは日本だけでなく世界で人気があり、特に中国では年齢層を問わず絶大な人気があるという。9月21日に行われたお披露目会見は、集まった報道関係者の約半数が中国の報道陣で、その人気ぶりがうかがえた。

[画像のクリックで拡大表示]
お披露目会見では、中国語と日本語のパネルが掲げられた。中国からも大勢の報道陣が取材に訪れていた
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、訪日外国人で一番多いのは中国人だ。2015年の訪日中国人は約499万人で前年比207%と大幅に増加。訪中日本人は約250万人で前年比92%と減少している。訪日中国人が訪中日本人を大きく上回る状況だ。

 訪日客による爆買い需要は収まったと見られるが、訪日需要は今後も増加が見込まれる。日本と中国を結ぶ航空路線は年間約10万便で前年比約140%と増加している。羽田と中国3大都市(上海・北京・広州)間の路線だけでなく、地方路線も大幅に増加している。

 JALの中国路線の搭乗者数も伸びている。ただ搭乗率を見ると2015年は76%で前年比105%の伸びにとどまり、訪日需要全体の伸びに比べると物足りない数字だ。

 JALではこの理由を、JALの良さ、例えば「おもてなしの心」や「安心感」といった部分が十分に理解されていないからではないかと分析している。そこでまずは搭乗してもらえるようにと、中国でも大人気のドラえもんを起用したキャンペーンを展開することにしたわけだ。

 お披露目会見で登壇したJALの植木義晴社長は「中国の方にもっと日本航空を認知していただきたい。ドラえもんと一緒にそのきっかけをつくりたい。最高の商品、最高のサービスという日本のおもてなしの心を味わってほしい」と狙いを述べた。