2016年9月、日本航空(JAL)の成田-上海(浦東)線に、人気キャラクター「ドラえもん」を描いたB767-300型(JA610J)の特別塗装機「JAL ドラえもんJET」(以下、ドラえもんジェット)が就航した。

 JALの国際線で特別塗装機が就航するのは珍しい。2017年3月末まで運航予定で、この特別塗装機1機を含め、すべての中国線(香港線を除く)の機内でドラえもん仕様の紙コップによるドリンクサービスと、オリジナルポストカードを提供する。12月からは中国語版のドラえもん映画の機内放映も行う。

成田=上海(浦東)線に就航した「JAL ドラえもんJET」
[画像のクリックで拡大表示]
ドラえもんは縦4.6m×横5.9mのデカールを貼り付けたもの。左右どちらの側面も同じ塗装になっている
[画像のクリックで拡大表示]
香港線を除くすべての中国線の機内で、ドラえもん仕様の紙コップによるドリンクサービスが提供される
[画像のクリックで拡大表示]
手前にあるポストカードも提供
[画像のクリックで拡大表示]

 就航に先立つ8月には、キャンペーンの中国語版ウェブサイトを開設した。中国在住者(香港を除く)を対象にしたプレゼントキャンペーンや、上海市内でJALの座席の体験イベントを行うなど、中国でのプロモーションを強化して日本‐中国路線の活性化につなげたい意向だ。JALがここまで中国路線に力を入れるのには理由がある。