使うときの注意点は?

 ポケモンGOをゲーム画面で遊ぶ場合と、ポケモンGOプラスで遊ぶ場合の違いや注意点をまとめておこう。

 まず、ポケモンGOプラスでは、モンスターボールの投げ直しができない。1度投げて失敗すると、それはポケモンに逃げられたことになる。またポケモンを捕まえやすくするアイテム「ズリのみ」も使えない。投げるボールもモンスターボールに限られ、スーパーボールやハイパーボールに変更できない。

 なお筆者は、後からぼうけんノートを見て、捕獲したかったポケモンに逃げられていると悲しいので、レアポケモンを捕獲しに出かけた場合はゲーム画面を使っている。

 また野生のポケモンを呼び寄せるアイテム「おこう」の効果で出現したポケモンには、ポケモンGOプラスは反応する。ポケストップの周囲にポケモンを引き寄せるアイテム「ルアーモジュール」で出現したポケモンにも反応する。

 2016年9月下旬時点では、ポケモンGOプラスの使用中に、ゲーム画面でポケモンを捕獲しようとしたり、ジム戦を行ったりすると、スマホとポケモンGOプラスのリンクが切れてしまった。ポケモンGOプラスの電池消耗を防ぐためかもしれないがちょっと不便だ。再接続は、ゲーム画面のポケモンGOプラスアイコンをタップすれば簡単にできる。

ポケモンGOプラスとの接続が切れた時は、ゲーム画面のポケモンGOプラスアイコンをタップした後、ポケモンGOプラス本体のボタンを押すと簡単に再接続できる
[画像のクリックで拡大表示]

Apple Watchと組み合わせて未来を先取り

 ポケモンGOプラスが振動したら、とにかくボタンを押す。この操作だけでスマホの画面を見なくてもゲームを進めていけるので、これまでよりも効率良くゲームを進められる。「ながらポケモンGO」にも最適だ。

 実は、Apple Watchと接続しているiPhoneでポケモンGOプラスを使っていると、Apple Watchにも通知が来る。ポケモンGOプラスの振動やランプに集中していなくても、すぐに結果を確認できるのだ。

 2016年内にリリースが予定されているApple Watchアプリ版のポケモンGOでは「あとどのぐらい歩くとタマゴがかえるか」「周囲にどんなポケモンが隠れているか」といった情報も分かり、ポケモンGOプラス以上の機能が盛り込まれるそうだ。

 Apple Watchの通知を使うと、その気分をちょっとだけ先取りできる。Apple Watchユーザーは、ぜひ試してほしい。

iPhoneでApple Watchを使っていると、ポケモンGOプラスの通知をApple Watchでも確認できる。iPhoneを取り出さずに確認できるので便利
[画像のクリックで拡大表示]
Apple Watchのスポーツバンドに、ポケモンGOプラスのクリップがぴったり合った。ポケモンGOプラス付属のバンドもよいが、Apple Watchユーザーにはこっちもお勧めだ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/伊藤朝輝 編集/日経トレンディネット