1993年に日本のヤマハ発動機によって誕生した電動アシスト自転車。ペダルをこぐ人力を電気モーターの力が補助する画期的な商品は、シニア・主婦層向けアイテムとして人気が高まり、買い物用自転車の定番として定着。今や欧州、中国、米国などでも高い人気を得ている。特に欧州では日常使用の自転車だけでなく、MTBやロードバイクなどのスポーツタイプの電動アシスト自転車も多くリリースされ、新たなスポーツ・レジャージャンルとして人気が拡大している。

 日本では現在、電動モーターのアシスト比率などの違いから、欧州などで発売されているアイテムにそのまま乗ることができない。そのため、数年前まで本格的なスポーツタイプの電動アシスト自転車が発売されてこなかった。しかし今年、日本規格に合わせた海外メーカーの電動モーター(ユニット)の発売が発表され、ヤマハやパナソニックなどの日本メーカーからもロードバイクやMTBタイプの電動アシスト自転車が続々と発売されるなど、一気に注目度が高まっている。

女優・創作あーちすと のんさんがアンバサダーを務めるBESVなど、欧州などで高い人気を得ているブランドも日本で続々と新モデルをリリース
[画像のクリックで拡大表示]
過去のコメントを見る(4件)

過去のコメント

  • 電動アシスト自転車って日本がずっとリードしていると思っていたのでビックリ。
    いつの間にか海外がとっくに追い越していたのね。これもガラパゴス市場だったからなのか?

  • 自力を限界突破する機構が子供のころからの夢なんですが
    まあ無理ですよね(ブーストで時速60~70とか)

  • 目黒区界隈、子供3人乗せて、時速40キロで歩道を激走してくるお洒落なマダムが増えそうで恐いんですけどー!

  • 自分にとっては、スポーツタイプに電動アシストは邪道に見えます。
    ロードバイクやクロスバイクは、全て自力だからこそ楽しいのではないでしょうか。風を楽しむのに筋肉を使いたくないならオートバイに乗ればいい(個人の感想です)。

この記事は…?

参考になった

投票

参考にならなかった

投票