芯が折れにくいデルガードの
高級版「デルガードLx」

ゼブラ「デルガードタイプLx」(1000円)。写真は軸色がブラックのタイプ
ゼブラ「デルガードタイプLx」(1000円)。写真は軸色がブラックのタイプ
[画像のクリックで拡大表示]

 3回ノックして芯を出して、無理やり折ろうとしても簡単には芯が折れないゼブラの「デルガード」。普通に書く場合は全く折れる気がしないうえに、芯自体が途中で折れることもしにくい。これは、シャープペンが実はこんなにストレスなく気持ちよく書ける筆記具だったのだということを大人に教えてくれた製品なのだと思う。

 先端のメカニズムが見える部分は大人が見てもカッコ良かったりして、ビジネスの現場でも人気があるデルガードだが、その高級版ともいえる製品が「デルガードタイプLx」だ。

軸の色は写真上から、ホワイト、ブルー、レッド、ブラックの4色、芯は0.5mmのみ
軸の色は写真上から、ホワイト、ブルー、レッド、ブラックの4色、芯は0.5mmのみ
[画像のクリックで拡大表示]

 金属グリップによるホールディングの良さと高級感。さらに低重心になったことで、小中学生のように膨大な量の筆記をするのでなければ、筆記感はより軽くなり、大人がスムーズに書けるバランスに仕上がっている。また、本体もより細いデザインになって製図用シャープペンのようなスマートなイメージ。その上で、先端が折れにくいメカニズムを見せる透明部分は残すなど、デルガードらしさを損なわないまま、大人向けにデザインされているのがうれしい。

グリップは金属製でその先のメカニズム部分は透明。中が見えるデザインが魅力的
グリップは金属製でその先のメカニズム部分は透明。中が見えるデザインが魅力的
[画像のクリックで拡大表示]

 芯の太さは0.5mmのみ。ただ、製品の正式な名称が「デルガードタイプLx0.5」となっているので、デルガード同様、0.3mmや0.7mmのタイプも出るのかもしれない。軸の色はブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色。ブラックはクリップもブラックになっていて、より大人っぽさが強調されている。

次ページ 極細芯のオレンズが金属パーツで大人仕様に