【1万3000円】Galaxy専用だが完成度は高い

「Gear VR」実売価格1万3000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 「Gear VR」はサムスン製Androidスマホの専用アクセサリーとして販売されているVRシステム。「Galaxy S7 edge」「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」の3機種で利用可能だ。

 実売価格は1万3000円前後とGoogle Cardboardに比べれば高価だが、専用設計なので、そのぶん完成度は高い。また、Google Cardboardではタップ操作しか行えないが、Gear VRには上下左右スワイプと決定操作できるタッチパッド、戻るボタン、音量ボタンが用意されている。より高度なゲームを操作できるわけだ。

Galaxy S7 edge/S6 edge/S6とはマイクロUSB端子経由で接続する
[画像のクリックで拡大表示]
右側面に用意されているタッチパッドと戻るボタン。タッチパッドを囲むようにフチが設けられているので、手探りでも操作しやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 Gaer VRのもうひとつの売りはVRシステム専業メーカーであるOculusと共同開発していること。Gaer VRにスマホを装着すると、初回起動時は各種アプリのインストールが始まり、それ以降は管理アプリ「Oculus Home」が自動的に起動する。このOculus HomeからはGear VRに対応したVRアプリの入手、インストール、起動などが可能だ。

本体左側面にはGear VRの文字の下に「Powered by Oculus」のロゴが印刷されている
[画像のクリックで拡大表示]
Oculus Homeのホーム画面。画面下には、ストア、ホーム、ライブラリーのアイコンが並ぶ。ストアには、新着&おすすめ、ゲーム、アプリ、エンターテイメント、コンセプト、Gear VRおすすめなどのタブが並んでおり、それぞれからコンテンツを入手可能。有料アプリはGoogle PlayではなくOculusから決済する
[画像のクリックで拡大表示]
これはMediocreが開発したシューティングゲーム「Smash Hit」。価格は290円。一直線にVR世界を浮遊しながら高速に突き進みつつ、途中のクリスタルなどを破壊して弾丸を補給しつつ、動く障害を破壊していく
[画像のクリックで拡大表示]