[画像のクリックで拡大表示]

 MacBook(Retina 12インチ)は、2015年モデルを発表と同時にApple Storeに予約して購入したので、1年4カ月ほど使っていることになる。薄くて軽いだけでなく、Retinaディスプレーを搭載した妥協のない点も、モバイルには最強のMacだと感じている。

 2015年モデルのMacBookのバッテリーは、スペックシート上「最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧、最大10時間のiTunesムービー再生」と記載されている(2016年モデルはそれぞれ1時間延びた)。バッテリーは以前よりもかなり持つようにはなったが、自分の作業で集中して使うと、6〜7時間しか使えない感じがする。それでも1kgを切るMacが、バッテリーだけでこれだけの時間を使えるのはすごいことだ。

 しかしバッテリーの残量を気にせず、いつでもどこでも使えれば、さらに最強だ。MacBookを充電できるモバイルバッテリーが登場し始めたこともあり、導入してみることにした。

 なるべく長く使いたいので、MacBookへの充電に対応し、大容量かつ手頃な価格のモバイルバッテリーを探していたら、アマゾンでAnker社の「ANKER PowerCore+ 26800」という製品を見つけた。「26800」はバッテリー容量の2万6800mAhを示し、スペック上はMacBookを3回以上充電できるとのことだ。たまたまセールで安価になっていた(7999円、6月12日時点)こともあり、購入を決めた。

 そのとき「ANKER PowerCore+ 20100 USB-C」という製品(6999円)もあり、どちらにすればよいのか少し迷った。こちらは、名前も示すようにモバイルバッテリー本体にUSB-Cポートを搭載し、MacBookのUSB-Cポートと接続して充電できる。PowerCore+ 26800でもUSB-A to USB-Cのケーブルを別途用意すれば、MacBookを充電可能との説明があり、違いがよくわからない。少しでも容量の多いほうがよいだろうと判断し、PowerCore+ 26800を選んだ。

 使っているうちに違いがわかってきたので、その点は後述する。残念ながら8月26日時点ではどちらの製品も品薄で、価格も高くなっている(編集部注:PowerCore+ 26800は1万5000円、PowerCore+ 20100 USB-Cは1万3000円)。

容量2万6800mAhの「ANKER PowerCore+ 26800」。本体を8~9時間で満充電できる急速充電器とケーブルが付属
[画像のクリックで拡大表示]
MacBookへ充電するために、USB-A to USB-Cのケーブルを別途購入した
[画像のクリックで拡大表示]