ネットオークションやフリマアプリにはない
「安心」が得られる

 昨今、中古カメラを入手する手段は増えている。古くから個人間売買として定番的な存在の「Yahoo!オークション」をはじめとするインターネットオークションに加え、昨今では「メルカリ」などのフリマアプリも人気を集めている。それらの個人間売買ならば、中古カメラ店より安く入手できるケースも多いが、あえて中古カメラ店を選ぶべき理由は何だろうか?

 中古カメラ店のメリットは、販売しているカメラの現物を展示しており、購入する前に外観や付属品の状態が実際に確かめられること。希望すれば、ショーケース内に展示しているカメラを出してもらい、実際に操作や撮影をして動作や感触を確認できる。カメラに付着した匂いまでも確認できるので、タバコのニオイが苦手…という人も安心だ。実際に品物が来るまで現物を目にすることができず、いざ届いてみたら説明と違う…といったトラブルが決して少なくないインターネットオークションやフリマアプリとは異なり、現物を見て触って納得してから購入できる。

 安心して使える点も、中古カメラ店の大きな魅力といえる。中古カメラ店では、一定期間の保証を付けているところがほとんどで、購入後に不具合が見つかった場合も連絡すれば対応してくれる。特にマップカメラは保証が充実しており、ジャンク品などの一部を除けば最長12カ月もの保証を設けている。「保証内容も、新品時のメーカー保証とほぼ同じですので、万が一壊れても中古だから…という諦めは不要です」と吉岡氏は胸を張る。保証期間や保証内容はショップによって異なるので、なるべく条件のよいショップで購入するのも中古カメラの賢い買い方だといえる。

 さらに、中古カメラ店によっては、前のユーザーが使用していた別売のアクセサリーをバラさずにそのまま付けて販売するところもある。カメラ本体なら予備のバッテリーやバッテリーグリップ、ケースなど、交換レンズの場合は保護フィルターやレンズフードなどが付属することが多い。アクセサリーのプラスアルファは販売価格に大きく上乗せされず、別途購入するよりもお得な場合がほとんど。すべての中古品に当てはまるわけではないが、宝探し的な要素として中古品選びの際は気にしておくとよいだろう。

マップカメラの中古品に付属する保証書。一般的な中古品は、最長12カ月もの保証が付く
[画像のクリックで拡大表示]
別途掛け金を支払うことで、保証内容を強化する有料サービスも用意する
[画像のクリックで拡大表示]
中古品のコンディション表記、意味は?
 中古カメラ店では、中古品のコンディション(程度)をプライスタグにしっかり表記しており、大まかな状態を手っ取り早く把握できる。表記はショップによってさまざまだが、「並品」などの専門用語や「AB+」などのアルファベットで表示するところが多い。「マップカメラの場合、コンディションのよい順番から新同品→美品→良品→並品→難有品→ジャンク品となります。趣味の使用であれば、並品以上ならば問題なく使っていただけると思います」とのことだ。

※マップカメラでの商品コンディションの表記
新同品 ほとんど使用されていない、新品同様のきれいな中古品
美品 多少の使用があるものの、外観のきれいな中古品
良品 通常使用されている程度良好な中古品
並品 外観はきれいではないものの、使用上問題のない中古品
難有品 一部に不具合や機能的な制限があるワケありの中古品
ジャンク品 壊れていて使用できないものや、動作確認ができない中古品

「良品」「美品」などの文字が、商品のコンディション表記だ
[画像のクリックで拡大表示]

今回取材に訪れた中古カメラ店「マップカメラ」

[画像のクリックで拡大表示]
 マップカメラは新宿駅西口の“カメラ激戦区”に店舗を構えるショップ。国内外の中古および新品のカメラや交換レンズを多数取りそろえており、同店のWebサイトではインターネットでの販売に力を入れている。中古商品の保証期間も最長12カ月とするなど、保証体制も充実している。
筆者/大浦タケシ(おおうらたけし) プロカメラマン
氏名 宮崎県都城市生まれ。カメラ関連の媒体を中心に活動中。写真は撮るのも見るのも大好き。カメラは戦前のフィルムカメラから最新デジタルカメラまで興味は尽きない。「デジカメWatch」では毎回中古カメラ市を取材しているが、支払われるギャラよりも高いカメラやレンズをその都度買ってしまうのが悩みである。