リーダーは独りよがりじゃなくてはいけないんです

川島: いい話じゃないですか。でも聞いていて素朴な疑問がわいてきました。増田さん、リーダーとして独りよがりで判断しなくちゃいけない場面、たくさんありますね。自分が独りよがりじゃないっていう自信ありますか?

増田: 全然ないです。僕は完璧、独りよがり男だから(笑)。

川島: それって矛盾してません?

増田: でもリーダーは独りよがりじゃなくてはいけないんです。なぜならリーダーの役割って、その人の独りよがりに付いていったら、皆が得するということを意味しているから。それは、必ずしもお金や権力のことだけじゃなくて、いろいろな意味での得が含まれています。

川島: 何ですか?

増田: 抱いている自分の夢を実現できる得とか、生んだビジネスでお客さんが喜ぶ姿を目の当たりにできる得とか、知り合いが増える得とか、それはもうさまざまです。

 それと、独りよがりって、そう簡単なことじゃないんです。誰よりもわかっていて、誰よりも働いているっていうベースがなければ、やってはいけないこと。社員を働かせてばかりいて何もしない社長が「あのプロジェクトはどうなっている?」なんて、聞くだけで判断していたら、それはもう誰もついてこないわけです。だから僕の場合は、独りよがりをやりながら、「どう?」って周りに聞くことでチューニングしているんです。

川島: 確かに増田さんは自ら現場に出向いていくし、企画についても四六時中考えています。そしていつもいつも、「僕の考えってどう?」って聞いています。でもあれ、社員は反対意見を言えるのかなぁ。

増田: 川島さんも含めて「違う」っていう人、ちゃんといます。それで僕が、なぜ人に聞くかというと、独りよがりで企画したことに対し、他にどんな見方があるのか知りたいし、もし足りないところがあったら「最高!」って言われるところに持っていかないといけないと、自分を戒めているのです。

川島: そういう増田さんの謙虚な姿勢が、もっとたくさんの人に伝わっていくといいなと、かねがね思っているんです。やんちゃ過ぎるから(笑)

[画像のクリックで拡大表示]