手土産の穴場は、南側エリアにある!?

 北側エリアの2店舗に対し、やや手狭な店が多い南側エリア。だが、手土産の穴場ともいえるユニークな店舗がそろっている。ベーカリーカフェ「ガーデンハウス カフェ」は鎌倉で人気のレストラン「ガーデンハウス」の新業態。「ログロード代官山」でも大人気の姉妹店ベーカリー「ガーデンハウス クラフツ」のパンだけでなく、都内の人気ベーカリー10店舗のパンが買える「パンのセレクトショップ」だ。人気ベーカリーを代表するパンがそろうとあって、パン好きには感涙ものの立ち寄りスポットになるだろう。パン好きへのお土産としても喜ばれそうだ。

「ガーデンハウス カフェ」には60席のカフェスペースもあり、鎌倉本店で人気のサラダやデリも味わえる
「ガーデンハウス カフェ」には60席のカフェスペースもあり、鎌倉本店で人気のサラダやデリも味わえる
[画像のクリックで拡大表示]
オープン記念として「日本のパン」コーナーを特設。あんぱんやメロンパン、カレーパンなど日本独自のパンを、人気ベーカリーがアレンジしたオリジナル品を販売している
オープン記念として「日本のパン」コーナーを特設。あんぱんやメロンパン、カレーパンなど日本独自のパンを、人気ベーカリーがアレンジしたオリジナル品を販売している
[画像のクリックで拡大表示]

 全国初登場という、パッタイ(タイの焼きそば)専門店「パッタイ」は、タイ料理店マンゴツリーの6店舗目となる姉妹店。日本のタイ料理店で提供されるパッタイは一般的に乾麺が使われているが、同店ではマンゴツリーが提携工場と開発したオリジナル生米麺「クイッティオ」の焼きそばが食べられる。生の米麺のモチモチとした食感は新鮮。モーニングからタイ料理が食べられ、テイクアウトも充実しているので、気軽にタイ料理が食べられるのもうれしい。

「パッタイ」(タイの焼きそば)専門店「マンゴツリーキッチン パッタイ」はつなぎを使わないオリジナル生米麺のモチモチした食感が楽しめる。写真は「海老のパッタイ」(980円、スープ付き)
「パッタイ」(タイの焼きそば)専門店「マンゴツリーキッチン パッタイ」はつなぎを使わないオリジナル生米麺のモチモチした食感が楽しめる。写真は「海老のパッタイ」(980円、スープ付き)
[画像のクリックで拡大表示]