通勤時にも自家発電できるバッグ

 スタイリッシュなデザインとエコソーラーパネルを融合した「HALOS」。他分野の技術を融合することで新たな価値を生み出し、日本の中小企業のものづくりを世界に発信したいとスタートした、北田尚弘氏がデザイナーを務めるChord&Co.によるアイテムだ。

「東日本大震災を東京で体験した際、自分が最初にしたことは家族や身近な人の安否の確認でした。そのとき感じたのは、スマートフォンの充電が減って、連絡手段がなくなるかもしれないという不安。モバイルデバイスが普及する現代において、多くの人がこのような不安を抱えていると思い、充電環境のない場所でも自らエネルギーを創り出せる太陽光で発電するバッグを開発しました」(北田氏)

 ショルダーやボストンなど全7種類。黒を基調とした、ビジネスシーンにも取り入れやすいデザインでも注目され、2012年から販売を開始し、累計販売数は約700個。防水素材を用いている他、オリジナル反射テープ付きなので夜間の事故防止にもつながる。

バッグに搭載されている厚さ約1ミリの、薄くて軽量なソーラーパネルは曲げることができ、外して使用することも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
自転車通勤にも便利なHALOS「メッセンジャーバッグ」(4万2800円)。ビジネスバッグがそのまま収納できるので雨の日にも活躍しそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

 万が一のときに役立つアイテムを身につけていれば、自分の命を守ることにもつながる。自宅や職場での防災への備えにプラスして、ファッションとして楽しめる防災アイテムを日常に取り入れてみてはいかがだろう。

(文/小口梨乃)

日経トレンディネット 2017年8月31日付の記事を転載]