化学防護服の素材を生かした、ハイセンスなデザイン

 レスキューという概念を広い視点でとらえ、ウエアやグッズなどを通して、レスキューに関わる人たちの思いを表現する「RESQUAD(レスクワッド)」。化学防護服などに使用されているデュポン社タイベック(R)を使用したバックパックも、代表的なアイテムのひとつだ。

 タイベック(R)とは、米国のデュポン社が開発した高密度ポリエチレン不織布のことで、化学防護服のほか、建築資材や医療分野でも使用されている。引き裂き強度や耐水性が高く、非常時の環境でも安心して持つことができ、暗い場所でも目立つ光反射性もある。

 化学防護服の素材だとは想像がつかないようなスタイリッシュなデザインは、防災を意識せずに日常的に使えそうだ。

RESQUAD「バックパック」(2万2000円)。コーディネートのポイントとしても楽しめるホワイト。サイズは高さ46×幅37×マチ10cm
[画像のクリックで拡大表示]