【ポイント1】ポケモンGOは社会人も楽しめるのか

 7月22日に日本でも「ポケモンGO」がリリースされた。テレビでも大変な話題になり、僕の周囲にもダウンロードした人が多くいる。

 僕も一足遅れでプレーしてみたところ、従来のゲームとの違いに驚いた。これまでのゲームは、基本的に家の中などにとどまってプレーできていた。ところが「ポケモンGO」は、外に出ないとプレーできないのだ。ゲーム上のマップは現実の地図と同じもので、画面の中でキャラクターを動かすのではなく、自分自身が出歩いてマップ上を探索する仕組みになっている。

 リリース当初は多くの人がポケモンを捕まえるために街へ出て、ポケモンが出現しやすいスポットは大勢の人でにぎわった。秋葉原なども、スマートフォンを片手にうろうろする人が目立っていた。

 とはいえ、ポケモンを捕まえるためにわざわざ出掛けるような社会人は多くはないだろう。僕も仕事の道すがら、ポケモンの出現スポットがあったので立ち寄ってみたところ、10分程度で2匹捕まえることができたものの、それ以上となると、ずっとそこにとどまってポケモンが出現するのを待つ羽目に陥った。

 はっきり言って、そんな時間と交通費を使ってまでポケモンをゲットしようという社会人は少ないはずだ。しかも、たとえレアなポケモンを捕まえても、1匹だけではあまり意味がなく、進化させたり強化したりするために相当数のポケモンをゲットしなければならない。その上、必死に獲得して進化させたレアなポケモンが強いというわけでもない。要するに苦労が報われないのだ。

 一般的なゲームのように明確な目標があるわけでもないし、ライバルとの対戦やらランキングなどもない。ジムで対戦することもできるのだが、別に対戦しなくても、ゲームの進行には何ら問題はない……。

 数日プレーしてみて気付いたのだが、このゲームを能動的に楽しめる人はごくごく限られていると思う。犬の散歩のついでとか、何かの用事で外出したときの空き時間にちょっとポケモンを探してみる……。夏休み中の中高生でもない限り、そんな遊び方になるはずだ。

ポケモンの種類は非常に多く、レアポケモンはなかなかゲットできない
ポケモンの種類は非常に多く、レアポケモンはなかなかゲットできない
[画像のクリックで拡大表示]
時間と交通費をかけて捕まえたポケモンがレアとも強いとも限らない
時間と交通費をかけて捕まえたポケモンがレアとも強いとも限らない
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 【ポイント2】ポケモンGOにはどうしてアンチが多いのか